[えでぃっとはうすのときど記]

iPhone 5sのバッテリー交換

 iPhone 5sのバッテリーを交換した。
 すでに機種変更して久しく、電話機能はない。もっぱらWeb等の表示確認とボイスレコーダーとして使っていたが、このところバッテリーの持ちが悪くなっていた。2台で録音していたからよかったが、先日も録音中にバッテリー切れになったところだった。
 バッテリーの状態を確認できるMac用アプリ「coconutBattery」でチェックすると、バッテリー能力が劣化し、レッドマークだった。

photo

 FBの友達も自分で交換していたし、ネット検索してみると、どうやら自分でもできそうだと思ってキットを購入。それが届いたのでさっそく挑戦した。ちもろん自己責任。失敗したら廃棄するつもりだった。
 手順書もついていたが、ネット上に動画なども公開されていて、こちらのほうがわかりやすい。

photo

 苦労したのはバッテリーの取り外し。
 手順では、バッテリーを固定している両面テープを引っぱり出すことで、バッテリーは簡単に取り出せる。動画を見てもうまく引っぱり出せているが(実は後で見た。先に見るべし…)、これが途中で切れてしまった。おーっ…。
 仕方がないからヘラなどを使ってテコの原理ではがす。なかなか起きないので最初にピンセットを使ったら、フレームのエッジに少しキズが…。おーっ…。
 その後はヘラでなんとかはがし、両面テープもきれいにはがしたのが下写真。

photo

 あとはまあ、逆の手順で新しいバッテリーをセットして組み立てればOK。無事に起動したし、ケースに入れたらフレームのキズも見えなくなったから、まあいいか…。
 「coconutBattery」で見ると、Design Capacityが100%、フル充電した回数を示すCycle Countも0の、新しいバッテリーの状態を示している。

photo

(記:2018/02/18)



][ときど記