HOMEこのサイトについて新着情報作成編入稿編整理編ソフト関連リンク


グラフィックファイルを作る時のQ&A

Q3-1-1 DTPで使うグラフィックデータとはどんなもの

A3-1-1 大きく分けるとドローデータとピクセルデータ

 DTPで使うグラフィックデータは、大きくドローデータとピクセルデータに分けられます。
 ドローデータとは、Adobe Illustratorなどのドローソフトで作成されたデータで、特長としてパスとアンカーポイントから形成されたベクトルデータになっています。そのため、変倍や回転などの加工をしても画像の劣化がほとんどないのが特長です。
 DTPでドローデータを扱う場合は、「Illustrator EPS(拡張子.EPS)」などのPostScriptファイルとして出力して使います。

ドローデータ

 ピクセルデータとはドットの集合で形成されたデータのことで、Adobe Photoshopのデータがそれにあたり、MacのPICTファイルやWindowsのBMPファイルなどもピクセルデータとして分類されます。ピクセルデータは小さなドットの集合でできていて、変倍などの加工をすると画像の劣化が起きるので、データを作成したり加工をする場合は画像が劣化しないように気を付ける必要があります。
 DTPでピクセルデータを扱う場合は「Photoshop EPS(拡張子.EPS)」や「TIFF (拡張子.TIF)」形式に出力して使います。

ピクセルデータ

(記/大橋幸二)

▲TOP <<BACK


Q3-1-2 画像や図のデータを作成して入稿したいがよいか?

A3-1-2 できるだけラフ図などを原稿として入稿しプロにまかせる

 DTPでのデータ作成はアプリケーションやフォントの制約、印刷やDTPに対する専門知識を必要とするので、できるだけプロにまかせるようにします。

 グラフなど図の場合はラフスケッチなどを原稿として入稿するようにし、注意点や自分が意図していることがあれば打ち合わせの段階で原稿を見せながら相談するようにします。

 写真など画像原稿の場合は、カラープリントかポジフィルム(リバーサル)を原稿として入稿するようにし、ネガフィルムはできるだけ入稿しないようにします。また画像合成などを行いたい場合は、ラフスケッチなどを起こして注意書きなどを赤文字で書き込み、打ち合わせの時点で説明するとよいでしょう。

(記/大橋幸二)

▲TOP <<BACK


Q3-1-3 社名ロゴなどを使いたいがどうする?

A3-1-3 清刷りを原稿として入稿する

 商品ロゴや社名のロゴは大事なものなので清刷りを原稿として入稿し、データ化してもらいます。
 また、ドローデータのロゴがある場合はそのデータでもかまいません。
 清刷りがあいにくない場合は、背景に色や写真などが入っておらず、大きく細部までがハッキリ判別できる印刷物でも大丈夫な場合もありますが、名刺などを原稿とするのは避けるようにします。
(記/大橋幸二)

▲TOP <<BACK


Q3-1-4 デジタルカメラで撮影した画像は使える?

A3-1-4 写真のクオリティを求めるのであれば使わない。

 デジタルカメラで撮影された画像のクオリティは、カメラの持つCCDの画素数によるところが大きく機種によりさまざまです。

 デジタルカメラで撮影した画像を印刷物に使う場合、デジタルカメラの最高画質のモードで撮影するようにします。しかし、デジタルカメラで撮影した画像の画像解像度は72dpiなので、そのままでは印刷物に使うことはできません。
 通常、印刷物で扱う画像の画像解像度は、350dpi必要なのでPhotoshopなどのソフトを使ってラスタライズする必要があります。

 ラスタライズする場合、画像の再現性を維持するために構成するピクセル数を変更しないように画像解像度を350dpiになるようにします。
 全体のピクセル数を変更しないで画像解像度を350dpiにすると縦横の大きさが元画像より小さくなるのですが、その大きさが印刷物にしたときに一番きれいに再現することができる限界の大きさということになります。

 また、デジタルカメラで撮影した画像を色補正する場合、デジタルカメラと作業するマシンのモニタでキャリブレーションがとれていない為、色校正をするまで微妙な色補正は難しくなってきます。

 以上の理由から、デジタルカメラで撮影した画像は、クオリティを要求される印刷物には使わないようにするのが無難です。

(記/大橋幸二)

▲TOP <<BACK


[BACK]

監 修

データ入稿「困ったちゃん」プロジェクト(C)1998